立場に立つという事

相談業をしていると、

相談する側 と 相談される側

という位置関係になります。

相談する側はどうしても「お願いする立場」「聞いてもらう立場」になるので、たとえお金を払っていても立ち位置的には”対等”ではありません。

それの上下は人それぞれなので、あくまでも対等ではない、という事です。

 

私自身も、相談する事もあればされる事もあります。

そんな時、必ず心がけているのは『相手の立場にたつ』事です。

 

同じように相談業をされている方は「当たり前じゃん」と思うかもしれません。

 

しかし、たまにいらっしゃるんですよね。

 

相手の立場に立てない人。

・・・

 

だから、私は「相手の立場にたつ」事を心がけます。

知らなかった事を「知ることが出来なかった自分」を省みるようにしています。

 

 

「知らない」「分からない」ことは、決して悪いことではありません。

知ればいいのですから。

そして、前に踏み出せば大丈夫です。

 

応援しています。

手を添えますよ。

 

 

 

 

 

 

コメントを残す