【必見】個人事業主の方!青色申告特別控除が変わります

青色申告特別控除の要件見直し

平成30年2月に財務省より公表された平成30年度の税制改正大綱に、個人事業主の青色申告特別控除の控除額が引き下げられるということが明記されています。

このまま法案が通れば、平成32年からの適用になります。

 

現在、青色申告特別控除を65万円受けている方は、55万円に減額されてしまいます。

 

ただし、現在の適用要件に加えて以下の条件のいずれかを満たせば、65万円の控除を受けることができます。

 

現行の要件 正規の簿記の原則による会計記録

(損益計算書・貸借対照表などの作成)

追加される要件 次のいずれかを満たす

①電子帳簿保存法の適用を受け、電子帳簿で保存

電子申告により確定申告書等を期限内に提出

 

ちょっと難しいですね。

 

現行の要件のみの場合(今と変わらない方法を続ける場合)は、青色申告特別控除は55万円のままですが、

①の電子帳簿保存法の適用を受け、電子帳簿で保存とは

「帳簿の保存をCD-ROMなどに保存をすることを税務署に届け出て、実際に帳簿の保存をCD-ROMなどにしている」場合です。会計ソフトを使って記帳している場合にその保存を電子的に保存しておく必要があります。

電子申告により確定申告書等を期限内に提出とは

国税庁ホームページにある「確定申告書等作成コーナー」で作成した申告書をそのままe-Taxで申告すれば可能です。特に税理士さんに依頼する必要はありません。

ただし、e-Taxの利用には前もって手続きが必要になるので確認して下さいね。

参照 国税庁「e-Tax」事前準備の流れ より

 

まとめ

所得から引ける金額が10万円減ってしまうと、その分所得が増えることになるので所得税や住民税が上ってしまいます。国民健康保険に加入している方は、保険料も上がってしまいますね。

方向性としては、電子化を推進し作業の効率化や情報の管理を図っていくのが目的なのではないでしょうか。

 

いずれにしても、制度が適用される前に準備をされることをおすすめします。

コメントを残す