生命保険料控除、年末調整や確定申告に必要です

10月に入り、各保険会社から生命保険料控除が届いているのではないでしょうか。

これは、年末調整や確定申告に必要になりますので必ず保管しておきましょう。

 

生命保険料控除とは?

生命保険料控除とは、その年に支払った生命保険料や地震保険料の金額によって所得から一定金額が引かれます。つまり、税金が安くすむという事です。

 

生命保険料控除の種類

生命保険料控除は、平成22年度の税制改正により平成23年12月31日以前に契約したものを旧制度平成24年1月1日以後に契約したものを新制度とし、新旧で生命保険料控除の適用限度額の変更がなされました。

また、旧制度では「一般生命保険料控除」「個人年金保険料控除」の2種類でしたが、新制度になると「介護保険料控除」が増え、計3種類の控除を受けることが可能になりました。

 

生命保険料控除の金額

新契約の場合

年間の支払保険料等 控除額
20,000円以下 支払保険料等の全額
20,000円超 40,000円以下 支払保険料等×1/2+10,000円
40,000円超 80,000円以下 支払保険料等×1/4+20,000円
80,000円超 一律40,000円

 

旧契約の場合

年間の支払保険料等 控除額
25,000円以下 支払保険料等の全額
25,000円超 50,000円以下 支払保険料等×1/2+12,500円
50,000円超 100,000円以下 支払保険料等×1/4+25,000円
100,000円超 一律50,000円

 

このようになっています。

生命保険料控除の適用限度額は12万円となっています。

どんなにたくさんの生命保険を支払っていても、マックス12万円までという事です。

 

まとめ

生命保険料は、家計の中では固定的に支出されるものです。たくさんの生命保険の種類があり、言われるがまま加入されている方もいらっしゃると思います。

節税になるからと入った保険でも、結局は3種類合わせても最大で12万円。一般の生命保険料控除に該当する保険に何十万と加入していても4万円までが限度です。

年に一度年末調整や確定申告でご自身や家族の生命保険を見直すいい機会ではないでしょうか。

コメントを残す