納税、お得な方法があります!

納税はどのように行っていますか?

納税と言えば

所得税・住民税・事業税・消費税 などなどいろいろな種類があります。

一般的に納税する場合、納付書をもって現金で支払ったり、指定した金融機関の預金口座から振替納税をしたりしているのではないでしょうか。

実はお得 クレジットカードで納付

これまでは、自動車税や固定資産税などの一部の税金はクレジットカードでの納付が認められていましたが、2017年1月からはほとんどの税金がクレジットカードで納付が出来るようになりました。

クレジットカード納付の方法

クレジットカード納付とは、国の指定した受託者(トヨタファイナンス㈱)経由で納付する方法です。

手続き方法

「国税クレジットカードお支払いサイト」に氏名や住所などの必要情報や税目、クレジットカード情報等を入力します。

これで納付は完了。

あとは、トヨタファイナンス㈱が私たち納税者のかわりに国に納付、そして私たち納税者が登録したクレジットカード会社へ立て替えた金額を請求するという形になります。

クレジットカード払いの注意点

クレジットカードで納付ができるのは、あくまでもWEBである「国税クレジットカードお支払いサイト」からです。

コンビニなどでは直接クレジットカードでの納付はできませんのでご注意ください。

 

また、トヨタファイナンス㈱が納税者の税金を立て替えるので、その金額に応じた手数料が必要になります。

納付税額に応じた決済手数料がかかります(最初の1万円までは76円(消費税別)、以後1万円を超えるごとに76円(消費税別)が加算されます。)。
また、分割払い・リボ払いの場合は、別途各カード会社の定める手数料が発生する場合がありますので、ご利用の前にカード会社へお問い合わせください。
なお、決済手数料は国の収入になるものではありませんので、誤って納付手続をされた場合、還付等の対象にはなりません。

国税クレジットカードお支払いサイトより

 

クレジットカード納付のメリットは?

☑現金がすぐに用意できないときでも納付ができる

☑24時間いつでも手続きができる

☑分割・リボ払いができる

☑クレジットカード会社によってはポイントがつく

 

デメリットは?

それはずばり、決済手数料がかかることです。

前述の注意点でもお伝えしましたが、決済手数料が納付額によってかかってきます。

還元されるクレジットカード会社のポイントと、決済手数料を比較して赤字になってしまう場合もあります。

 

まとめ

それでも、クレジットカードでの支払いにメリットを感じる方はいらっしゃるのではないでしょうか。

この他にも、後日銀行口座より振り替えられる「振替納税」を利用して、納付忘れをしないように注意しましょう。

 

クレジットカードのちょっとした注意点をニュースレターにも掲載中!

気になる方はこちらからお申し込み下さい♪

その際は住所をお忘れなく!!

 

コメントを残す